あしかの齋藤さん Vol.34

オークションの商品の検品で、オーディオ機器があり、
ボリュームの効かないCDデッキを社長命令で最大音量で鳴らし、

静かなオフィスが一瞬にして工事現場と化した株式会社あしかです。

これどうしようもないですよ。
ジャンクで数百円とかで出しましょうよ、社長。

と言っていたら、デザイン班のボスが、

「これ、分解すればボリュームのつまみ位治せるみたいですよ」

いや、さすがに専門外。
社長にその手の知り合いに聞いてもらった所、

「そんなんメーカーで直したら数万ですよ。買った方が安いですよ」

ジャンク決定。

と思っていたら、デザイン班のボスが、

「これ、完璧に動くと2万くらいで売れそうですよ」

そうですね。

「これ、完璧に動くと2万くらいで売れそうですよ」

まあ確かにね。

「これ、完璧に動くと2万くらいで売れそうですよ」

そりゃそうですけど。

「これ、分解すればボリュームのつまみ位治せるみたいですよ」

ついでに、

「治し方が載ってるサイトを見つけました。プリントアウトしますね」

俺が治すんかい!!

ええい、THE家電の齋藤さん。
壊したら社長席に座ってる誰か(社長ですがな)の冷たい視線を浴びる覚悟で、開腹決行。

分解して掃除して職業支援員の方の手を借りながら、
あーここのグリスが劣化してるのか、、、
と綿棒で全部拭き取り、あとはアルコールティッシュで仕上げて、組み上げ。

無事、ボリュームのつまみが反応しました。
ついでに心なしか他のボタン類も反応が良くなった気がします。

ありがとう、ボス。
でもヘッドフォンジャックに不具合あったよ。
やっぱりジャンクだよ。

次はあなたがやってくださいorz

つーことで、なんだかんだで忙しい齋藤さんですが、
買って後悔したもの5本指のうちの2つを処分決行。

SC-55mk2という古の音源と、ウィルコムのPHSのイエデンワ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

適当に撮ったので写り悪くてすいません。

イエデンワ、なんかノリで機種変したのは良いが、
据え置きなのにもかかわらず、電話がかかってくるたびに、

「齋藤さんの携帯電話でよろしいでしょうか」

と言われることがもどかしくて歯がゆい。
外出しようにも事もあろうにメインの電話番号を使っていただけに、
いくら乾電池駆動といえども、

あれを街中でリュックから颯爽と取り出し、
電話対応していたら完全に不審者ですorz

SC-55mk2に関しましては、あれは何故買ったのかがわからない。
今デモ曲を流してお別れ会をしています。

ディレイ使ったら8トラックで同時発音数に引っかかる。

10ch(ドラムパート)まで辿りつけないorz

まあ負の過去ということで、SK-88Proを愛することにします。