クリスマスに食べたいお菓子その2、その他雑談

なんか、PCに想定外のアクシデントが起こると焦りますよね。特に自宅のだと。昨日の深夜PCがインターネットに繋がらなくなって直すのに20分以上費やし、心も体もボロボロの楓人です…。現在自宅のPCネット通信は安定しています。正直泣きたいです。丁度その頃は雨が降っており、多分雨のせいで電波が弱くなったんでしょうかね。それとも一時的な接続不良…?

さてさて、暗い話題はここまでにして。今日はクリスマスに食べたいお菓子についての第2弾です!!

まずは、ケーキの中身の具でも使われているババロア。冷たくなめらかなスイーツで、素材の甘さやミルクの香り高さがウリですよね。私もババロアは好きなのですが、最近はめっきり食べる機会が無くなってしまったのが悲しいところではあります。

特にビジュアルに惹かれる、ババロアを使ったケーキが《アナナス・ロワイヤル》です。一昔前のケーキなので知名度はそうでもないのですがパイナップルババロアが使われており、スポンジ生地とババロアが一度に味わえる一品です。

パウンドケーキやマフィンも人気で、クリスマスパーティで振る舞われる事が多いそうですよ。後はシュトーレンと呼ばれる菓子パン。ドイツ伝統のもので、現地ではクリスマスのお菓子として知られています。ドライフルーツ等を練り込んだパンに上から白砂糖をまぶしたものです。

なんでも、うすーく切って少しずつ食べていくのがシュトーレンの伝統的な食べ方で、日が経つごとに美味しくなっていくそうです。私は正直ドライフルーツが苦手なので、シュトーレンは食べられないかなぁ(苦笑)。

でもクリスマスくらいは良い日にしたいですよね。それでは!
By.楓人