見えますか?

三回目の更新、桂です。
こないだ病院の先生とした、お話なのですが。
子どもの頃の私は人が見えてないもの、聞こえないものが見えたり聞こえたりする子どもでした。

一番、他の子と違ってたところは視界に黒いホコリのようなものが見えることでした。

今でもたまに見えるのですが子どもの頃は「これは、一体なんなんだろう?」とよく思ってました。

親に聞いても友達に聞いても答えを教えてくれない不思議な黒いホコリ(まぁ、他の人には見えてないのでわかるはずがないのですが)

ただ、一人教えてくれたのが私の母方の祖母で「それは、お化けとかそういうものじゃないけど決して触ってはいけない」と教えてくれたのを覚えてます。

この、症状は社会人になってからも続いて病気になってからは今までより、すごい数が見えるようになりました。

偶然にもパソコンを触る仕事をしてたので「眼が疲れてるのかな?」くらいにしか思ってなかったのですがこれがたくさん見える時は決まって病気の症状の重い時でした。

布団で寝てると天井一杯に黒いホコリが浮いてたのを見たこともあります。

そして、ここからが病院の先生とのお話。
この症状ずっと気になってたのですが、人に話して変な人と思われるのも嫌で病院行って怖い病気とかだったりしても嫌だったので、ずっと黙ってたのですが最近症状が緩和してきたので通院してる神経外科の先生に話してみると、自律神経が弱っていてそういうものが見えていたんだそうです。

後に母に聞いた話だと祖母も神経があまり強い方でなかったのでもしかしたら似たようなものが見えていたのかもしれませんね。

少し不思議なお話でした。